HITOSHIO

特に何も考えていない人による、浅くて薄い長文ブログ。

映画「キューティ・ブロンド」感想と今週の癒し

 

4月に入り、新人さんも来ました。あと宇宙少女が新曲出しました。

UNNATURAL - EP

UNNATURAL - EP

music.apple.com

「まーたありきたりなK-POP音楽出しやがって!!今回こそ聴かんわ!!」なんて思ってたんですけど、聞いてるよね〜〜。UNNATURALけっこうノリノリになれます。でもカップリング?はだめ。「As you wish」「WJ Please?」には勝てないね。

最近音楽不作ですね。洋楽界隈とか好きなもの決まっている人なら迷わないし「今はこれが熱い」みたいなもんあるんでしょうけど、洋楽もあれやしK-POPもつまらんし邦楽はサブカル臭キツすぎる。なんかもう聞くもん本当にないんで、過去曲とアニソンで食い繋いでる。

 

最近ハマっているのはヒプマイとかだろうか。

なんかYoutubeのおすすめに流れてきたので聴いてハマってしまった。中性的な子が好きなわたしの推しは断然決まってますね、飴村乱数ちゃんです。

hypnosismic.com

アニメも観ました。一回dアニメで観て、「あっこれニコ動で観るべきだったわ」と後悔した。2020年秋アニメじゃん、なんで観てなかったんだわたしったら!!呪術廻戦もリアタイでは追ってなかったし、テレビやネット見ない弊害がこんなところで。悔しい……。ニコ動のアニメは次からしっかり観るわ。

Reason to FIGHT

Reason to FIGHT

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

Fling PosseとMTC対決曲かなり良き。

 

youtu.be

youtu.be

アニメOPとオールスターズいいよね。

山田一郎の人とダイスの人は上手いよなぁ。ベテラン勢がちらほらいるけど、若手に負けてしまっているのが新鮮。こういうのは若い人じゃないとなかなかパンチ出せないよね。

アニメをニコ動でみなおすくらいには割とハマってます、ヒプマイ。ドラマCDはじっとしてられないんで聴かないだろうけど、曲くらいはたくさん聴いていこうかな。

 

 

今日の本題は音楽の話じゃないんだよね。

今日は映画観ました!!

キューティ・ブロンド (字幕版)

キューティ・ブロンド (字幕版)

  • 発売日: 2017/12/22
  • メディア: Prime Video
 

 ブロンド娘が弁護士目指して奮闘する「キューティ・ブロンド」‼︎!!

わたしも法学の道を志していたことがあったようななかったようなそんな経緯があって、ちょっと興味湧いちゃいました。チラ見しながらなんで内容ちょっとあやふやですが、簡単にまとまらない感想書いていきますね。

 

「バレーガール(裕福なお嬢さん)」と揶揄されるブロンド娘エルがヒロインですが、なんかお堅い彼氏にある日突然ふられてしまいます。「30歳までに政治家としてうんぬんかんぬん、ブロンド娘が嫁とか外聞悪いでしょ?」なんてふられたものの、エルは超ポジティブなのかなんなのかただでは転ばない。「じゃあわたしもハーバード法科大学院行くわ!!」と言って本当に合格する。ここまでが映画中盤。いつの間にか婚約していた彼氏とかその婚約者とか教授とかと「ブロンドでおしゃれでアホそうだ」という理由で激突しつつも、元々おバカさんではなく課外活動もしっかり頑張っていたエルは、ガツガツ勉強して裁判のお手伝いに選ばれます。感情を優先しがちなエルだけれど、感情的な分情熱を持って仕事をまっとうし、最終的には栄光を掴み取る、そんなハッピーエンドな物語でした。

 

「わたしもこれからたくさん頑張らなくちゃ、女性であることも、キャリアアップも諦めたくない」という気持ちがあり、あらすじをみて即座に視聴を決めた映画です。あらすじ通りなかなか軽い映画なんですけども、わたしの目指す女性像にはエルがピッタリすぎて、元気が出ました。

 

エルはおしゃれな陽キャです。小金持ちのブロンド娘らしくブランドものに囲まれ、セレブでおしゃれな日々を送っています。頭も悪いわけじゃなくて、ブロンドのイメージに反して成績は優秀。人脈も人望もあります。彼女はあんまり意識していなかったんだろうけど、結構努力している子です。それが単純に「ふられた」なんて理由で、元カレと同じ場所に行ってヨリを戻したいために、ハーバードへ入学してしまいます。たったこんな理由でかなりの努力ができるし、もっと凄いのは元彼のことを恨めしいとかもっと幸せになってやろうとか、そんな負の感情がないのです。陽キャすぎません?元彼に婚約者ができたらビービー泣いて、そしたらそしたで努力して成績上げて、成り行きに身を任せつつも一般的な法学生が目指すキラキラした道を駆け上がってしまいます。

あんまりにも感情的で、法学を志す論理思考の学生たちからすれば行動は完全にバカのそれなんですけど、本人は本人で目指すものに必死でたくさん努力しちゃうんですよね。ちょっと羨ましすぎる。ポジティブ陽キャでほんのちょっぴりのところで頑張れる努力家なんですよ。性格が才能の塊です。

 

可愛くいることも、かっこよくいることも、ピカピカのキャリアも、何にも諦めたくないんですよね。わたしすっごい頭がいいわけじゃないんですけど、ここまでたくさん頑張って、努力してきたんですよ。だからこれからも、何にも諦めないで欲しいものを掴み取りたいんです。それが努力でなんとかなるのなら、しっかり勉強していかないといけません。エルはわたしにないもの、全部持ってます。常にポジティブで美しくある姿も、情熱を持って人と接する力も、学問への並々ならぬ努力を惜しまない力も。わたしにはないものです。でも、わたしはエルみたいになれないし、努力することは苦手な方ですが、それだけエルみたいに、情熱を持って目指すものに突進していくことができたら、何かしら叶えることは夢ではないことはよくわかっています。ちょっと上手にまとめられないのですが、とにかくエルは、わたしの理想の女性です。

ポジティブに、美しく、賢く、これからの人生を望む方向へと歩んでいきたいですね。

 

ちなみにわたしの好きな劇中ファッションはエルの黒スーツ。

画像探したんですけどあまり印象的なシーンがなかったせいかピンクスーツに埋もれて見つかりません。ゲイの男性に「去年のプラダ見せびらかしてんじゃねーよ!!」とキレられた時の服です、確か。

いまちょうどスーツスタイルで中のシャツを遊ばせている時期なので、おしゃれなスーツスタイルに目がないのよ。あのスーツかっこよかった。真似したいなぁ。

 

 

今週は以上です。

次は「マージンコール」を最後まで観るのと、日本の医療ドラマの重たいやつなんか観るのと(できればアンナチュラルみたい推理混じったものがいいなぁ)、お仕事ファッション洋画観るのとで忙しい。資格試験もしっかり準備しないとね。頑張ろう〜〜。